FC2ブログ

記事一覧

金属の殻を持つ貝

2001年にインド洋の深海の熱水域で
ウロコフネタマガイが発見されました。


硫化鉄の硬い殻で被われた5cm位の貝で、
「別名スケーリーフット:うろこのある足」が、
ごく少数生息していると見られていたが、




数千匹の群生を2009年11月、2420mの深海で、
北海道大学、海洋研究機構、新江ノ島水族館による
共同研究グループが発見したそうです。


金属の殻に守られた貝は外敵は歯がたたないでしょう。


金属に被われているので、磁石に反応し、死亡すると、さびるそうです。

そして、2009年インド洋で、
ウロコフネタマガイの鉄を含まない白い殻を
持った個体も見つかったそうです。


黒い殻と遺伝的には近いのですが、
鉄を含まないので、殻は弱いそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ご訪問頂き有り難うございます。
御先祖の由緒正しいお家柄ですね。
血統書付(失礼な{(-_-)})
私なぞ野良に等しい、祖父母が越後・・・しか知りません。
最近、野良に理解在る太田先生が杉並区で開業なさいました。
ワクチン等打ちに猫を連れて行きましたら、とても安くして頂けました。
ボラ会長の口利きで安かったのですが、一般料金より安くして頂けて、活動費用のかかる日々に助かりました。
その様な野良に理解在る地域に密着した獣医さんに!
優しい獣医さんになって、日本の動物愛護意識の低さを、どうか変えて下さい。
よろしくお願い申し上げます。

No title

はじめまして。
先生、これ。面白いです。死んだら錆びるってすごいなあ…。
いっぱい生えてるのは、足ですか?

楽しいです。ありがとうございます。

No title

今晩は。ご訪問ありがとうございます。
とても面白かったです。生物の話とかドラキュラの話とか。
ウロコフネタマガイ。まるで、ナウシカのオームみたいです。

No title

足跡からお伺いしました。僕の知らない世界を楽しく拝見しました。有り難う!。リンクさせていただきます。

No title

はじめまして、海河童といいます。

金属の殻を持つ貝なんて、初めて知りました。

他の記事もおもしろかったので、リンクを貼らせていただきました。
相互リンクしていただけると、飛び跳ねて喜びます。

No title

はじめまして。鉄に覆われた貝がいるというのを初めて知って、面白く、コメント残したくなりました。
何から、鉄を補給しているのかも気になります。強そうですね。そして、足が少しグロテスク。面白い生物です。

No title

とても興味深く読ませていただきました
ワクワクする世界がありますね。。

No title

こんばんわ(*'ω'*)
はじめまして♪

深海は
まだまだ未知の世界ですねえ~
死んだら錆びるなんて・・・新しい(笑)
ビックリだったので
思わずコメントしちゃいました☆
しかし・・・
面白いけど・・・見た目がちょっとなあ(;一_一)

No title

気持ちが悪い映像なので 最初はスルーしたのですが(。-_-。)
恐いもの見たさで 引き返し 覗かせて頂きました(笑)

深海に未だこの様な生物が生存しているなんて
凄い事ですね!

毎日ボォーッと過ごしていますので
この貝の様にはサビては居られないですわ!(笑)
又訪問させて頂きますね〜 ♪

はじめまして

実に面白いブログです。今後当分拝見させてください。

No title

はじめまして。
すごいですね、大変立派な古生物です。
それ相応の個体数があったから脈々と生き残ってきたのですね~。
自然の造形美は、想像をはるかに超えますね。

No title

初めまして。
珍しい貝も居るんですね。面白い話しありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム

カウンター