fc2ブログ

記事一覧

感染予防(1)-消毒の大切さを訴え続けたため、殺された医師『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』(4)

18世紀末に起きたフランス革命の影響を受け、19世紀初頭から、ヨーロッパ各地で、革命の嵐が吹き荒れていました。当時、『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』の故郷ハンガリーは、オーストリア帝国に支配されていたので、オーストリア帝国からの独立運動が、行われていました。『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』の兄弟も、ハンガリーの独立運動に参加し、処罰されていました。『センメルヴェイス・イグナー...

続きを読む

感染予防(1)-消毒の大切さを訴え続けたため、殺された医師『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』(3)

『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』は、「手洗いによる消毒が、産褥熱を防げる、」と消毒の効果を、発表しました。しかし、現在、うがい、手洗いなど、消毒が、病気の感染を防ぐというのが、常識ですが、当時は、病原菌などの概念が、ありませんでした。その上、『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』の説を認めると、「患者を殺していたのは、医師の手である。」という、医師にとって受け入れがたい結論になるの...

続きを読む

感染予防(1)-消毒の大切さを訴え続けたため、殺された医師『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』(2)

1847年、『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』の友人で、同僚の法医学者『ヤコブ・コレチカ』が、産褥熱の原因を明らかにしようと、学生らに指導していた時に、産褥熱により死亡した患者の解剖を行っていた時、誤ってメスで、自分の指を傷つけました。そのまま解剖を行いましたが、後日、産褥熱と似た症状で、死亡しましたそして、『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』が、色々と調査していった結果、専門の産...

続きを読む

感染予防(1)-消毒の大切さを訴え続けたため、殺された医師『センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ 』(1)

現在、全世界がコロナウイルス感染症で、大変な事になり、消毒が大切と言われていますが、世界で初めて消毒の大切さに気が付いた医師は消毒の大切さを訴え続けたため、悲惨な人生をたどる事になりました。18世紀に、産業革命がおこり、蒸気機関車が出来て、鉄道を走ったりなど、科学が一気に進み、魔法や迷信の類は、影を潜めました。しかし、見えない物(微生物)が、人に感染して、病気になるとは、信じられていなかったので、...

続きを読む

サイバー犯罪(2)-世界で最も危険なハッカー『ケビン・ミトニック』(2)

『下村努』は、1964年に愛知県名古屋市生まれ、1歳の時に、両親と共に渡米したそうです。ちなみに、『下村努』は、日本国籍ですが、テニス選手の『大坂なおみ』と同じく、日本語は、苦手だそうです。15歳頃より、コンピュータ・クラブに参加し、プリンストン大学工学部にある、コンピュータの操作にのめり込んだそうです。そして、そのコンピュータに関する能力を買われて、15歳頃より、プリンストン大学の天文学部で、ア...

続きを読む

サイバー犯罪(2)-世界で最も危険なハッカー『ケビン・ミトニック』(1)

世界で最も危険な「ブラック・ハット・ハッカー」という称号を持つ、『ケビン・ミトニック』は、1980年から1990年代にかけて、巧みなハッキング行為を、行っていました。『ケビン・ミトニック』は、1963年8月6日に、ロサンゼルス生まれ、3歳の時に両親が離婚したので、ウェイトレスとして働く母に、引き取られ育ったそうです。『ケビン・ミトニック』は、孤独を好み、高校の時に、コンピュータに、のめり込みました。...

続きを読む

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (4)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

大阪に住んでいた時、
ジュニアリーダーをしていたので、
キャンプなどの指導などをしていました。

旅が好きで、バイクや車で
北海道や東北、関東などを、

野宿しながら、放浪しました。

そして、
海外14カ国を、放浪し、

海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ