fc2ブログ

記事一覧

2人の大量殺人鬼を生み出したコロンビア(13)-ギネスブック認定の殺人鬼『ペドロ・アロンソ・ロペス』(4)

『ペドロ・アロンソ・ロペス』は、調査官に、少女ばかりを殺した理由について聞かれると、「鶏肉を食べるようなもんさ。若鶏があるのに、なんで、わざわざ古くなった鶏を食べるんだ?」と、ニヤリと笑いました。そして、日頃から笑顔の絶えない『ペドロ・アロンソ・ロペス』は、「エクアドルの娘たちは、他の国の娘たちとは違い、親切で礼儀正しく、優しくて、無邪気で、人を疑うことを知らないんだ。だから、俺は、特に、エクアド...

続きを読む

2人の大量殺人鬼を生み出したコロンビア(12)-ギネスブック認定の殺人鬼『ペドロ・アロンソ・ロペス』(3)

1979年、『マリア・ポヴェダ』(12歳)は、エクアドルの中央部の街アンバトのスーパーマーケットで、働いている母親『カルヴィナ・ポヴェダ』のそばで、遊んでいました。しばらくすると、母親『カルヴィナ・ポヴェダ』は、『マリア・ポヴェダ』(12歳)の姿が、見えなくなっていることに、気づいたそうです。母親『カルヴィナ・ポヴェダ』は、辺りを探し回ると、娘『マリア・ポヴェダ』が、見知らぬ男と手をつないで歩いて...

続きを読む

2人の大量殺人鬼を生み出したコロンビア(11)-ギネスブック認定の殺人鬼『ペドロ・アロンソ・ロペス』(2)

『ペドロ・アロンソ・ロペス』は、刑務所での刑期を終えた後、コロンビア、エクアドル、ペルーを放浪したそうです。そして、「9-12歳位の無邪気な表情をしている少女」を探して、親と一緒にいる娘の場合は、1人になる瞬間を待って、「奇麗な、光り輝くものをあげる。」などと言って、誘い出し、森やホテルの一室で絞殺し、建築現場や森の奥深くに埋めたそうです。ある時、『ペドロ・アロンソ・ロペス』が、ペルーで、「アヤク...

続きを読む

2人の大量殺人鬼を生み出したコロンビア(10)-ギネスブック認定の殺人鬼『ペドロ・アロンソ・ロペス』(1)

350人以上を殺し、ギネスブック2006年版で、「個人で最も多くの人間を殺した殺人鬼」と認定され、『アンデスの怪物』と呼ばれた、『ペドロ・アロンソ・ロペス』は、「ラ・ビオレンシア(暴力)の時代」のコロンビアで、コロンビア保守党員『ミダールド・レイエス』と、売春婦『ベニルダ・ロペス・デ・カスタニェーダ』との間に、7番目の子供として、1948年10月8日に生まれました。1948年4月4日、ボゴタ暴動で...

続きを読む

世界最古の職業

ギネスブックの2006年版で、「個人で最も多くの人間を殺した殺人鬼」と、認定されたコロンビア人の『ペドロ・アロンソ・ロペス』と、「世界最悪の連続殺人鬼」と呼ばれる、『ルイス・アルフレド・ガラビート・クビヨス』の母親は、娼婦だったそうです。ちなみに、世界最古の職業は、娼婦と言われています。ただし、娼婦は、宗教的なものとして、始まったそうです。メソポタミア南部に都市国家をつくり、紀元前3千4百年頃、楔...

続きを読む

2人の大量殺人鬼を生み出したコロンビア(9)-世界最悪の連続殺人鬼『ルイス・アルフレド・ガラビート・クビヨス』

ハーメルンの笛吹き男の事件は、「1284年6月26日、ドイツの街ハーメルンで、色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に、130人の子供らが誘い出され、ある丘の近くの処刑場で、いなくなった。」と伝承されています。それに似た話が、コロンビアで起きました。「世界最悪の連続殺人鬼」と呼ばれる、『ルイス・アルフレド・ガラビート・クビヨス』は、「ラ・ビオレンシア(暴力)の時代」のコロンビアで、1957年1月25日...

続きを読む

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (4)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

大阪に住んでいた時、
ジュニアリーダーをしていたので、
キャンプなどの指導などをしていました。

旅が好きで、バイクや車で
北海道や東北、関東などを、

野宿しながら、旅をしていました。

そして、
海外14カ国を、旅をして、

海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

だから、
高校の時、歴史の先生から、
歴史関係の進路を、
ものすごく強く勧められました。

でも、
生物の方が好きだったので、
獣医になりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ