昔話(68)-糖尿病(9)- ミンコフスキーとメーリング(4)

膵臓には、膵菅に分泌された膵液が、十二指腸内で作用する外分泌機能と膵臓から血液中に分泌された物質が、全身に作用する内分泌機能の2つの働きがあります。 外分泌で出される膵液には、トリプシン、キモトリプシン、アミラーゼ、リパーゼなどの消化酵素が、含まれています。トリプシンとキモトリプシンは、蛋白質を、アミラーゼはでんぷんを、リパーゼは脂肪をそれぞれ分解し、食物を小腸で吸収しやすい形に変えています。だか...