光る動物(4)

その活用法は、GFP遺伝子を他の動物に導入するという事です。GFP遺伝子を線虫に導入すると、導入した部分が発光したのです。即ち、GFP遺伝子を異なる種類の動物の中に導入すれば、導入部分が光るので、遺伝子を観察できる事が分かったのです。GFPは遺伝子からタンパク質がつくられた時に、自らが化学反応を起こして蛍光タンパク質になります。だから、動物や植物など区別することなく、細胞の中にGFPの遺伝子を導入...