ラスプーチンとタフな犬の話(5)-日露戦争(1)

日本との関係が怪しくなった日露戦争前に、日本を偵察したグロンプチェスキ少将が、「日本の海軍の戦力は、我が国の半分です。また、陸軍の戦力は、15分の1位で、かなり劣っています。しかし、精強で、軽視すべきではありません。」とニコライ2世に報告しました。すると、ニコライ2世は、「君は、長年の極東勤務で、神経がおかしくなっている。6ヶ月の長期休暇をとって、休みなさい。」と言ったそうです。他のロシアの軍人た...