FC2ブログ

記事一覧

マッターホルンで見た不思議な十字架(1)

『エドワード・ウィンパー』は、父が画家だったので家業を引き継いだ形で、イギリスで挿絵木版画家をしていましたが、登山ガイドを多数発行している「英国山岳会 アルパイン・クラブ」から、アルプスの名山の写生をして来て欲しいと依頼されたそうです。しかし、その当時、『エドワード・ウィンパー』は、登山といえば、本で読んで知っているだけで、登山をした事が、全く無いどころか、山を見たことすらなかったそうです。そして...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(2)

『ジャン・アントワーヌ・カレル』は、独立心が強かったことと、今回の登山には、成功する自信があったので、イギリス人の『エドワード・ウィンバー』と一緒ではなく、その勝利を祖国イタリアに捧げたいと考えたので、7月11日の夜明け、イタリア側から、別のイタリア人メンバーと出発したそうです。『エドワード・ウィンバー』は、自分が眠っている間に、出し抜かれたことを知って、激怒したそうです。『エドワード・ウィンバー...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(3)

7月11日の正午、『エドワード・ウィンバー』は、登山準備をしていた18歳のスコットランド貴族『フランシス・ダグラス』卿に出会い、計画を話したところ、意気投合し、一緒に行く事になりました。そして、7月12日、45歳の有名なた山岳ガイド『ペーター・タウクヴァルター・シニア』とその子22歳の山岳ガイド『ペーター・タウクヴァルダー・ジュニア』を、山岳ガイドとして雇いました。そして、『エドワード・ウィンバー...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(4)

初日は、マッターホルンのヘルンリ尾根で、突き出した台地、約3300m地点まで登り、テントで野営したそうです。そして、7月14日、午前3時40分の夜明け前から、ヘルンリ尾根沿いに登りはじめました。6時20分に、約3900m地点で、30分休憩し、9時55分には、約4250mに到達し、50分休憩したそうです。垂直に見える場所の最大の難所の岩壁を登ると、その後は、なだらかだったそうです。1865年7月14...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(5)

ベテランガイド『ミシェル・クロ』を先頭に、2番目に経験不足の『ダグラス・ロバート・ハドウ』、3番目に『チャールズ・ハドソン』牧師、4番目に『フランシス・ダグラス』卿、5番目にガイド『ペーター・タウクヴァルター・シニア』、6番目に『エドワード・ウィンパー』、最後にガイド『ペーター・タウクヴァルダー・ジュニア』の順番で、ロープを繋ぎ、下山することにしました。そして、『エドワード・ウィンパー』が、山頂で...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(6)

大惨事の後、『エドワード・ウィンパー』たち3人は、30分以上放心状態だったのですが、落ち着いてから、午後6時に足場の安全な場所まで降りたそうです。その時、突然、3人の前に、巨大な半円が現れ、十字架が現れたそうです。そのため、3人は、ビックリして、しばらく十字架を眺めていました。『エドワード・ウィンパー』が描いた十字架『エドワード・ウィンパー』は、雲粒や霧粒によって光が散乱され、自分の影が雲やガスの...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(7)

下山直後、『エドワード・ウィンパー』は、「たった一歩足を滑らせたこと、一歩誤ったところに足を運んだことが、この悲惨な状況全ての原因だった。『タウクヴァルター』父子に、責任はない。」と言いました。そして、捜索隊により、『フランシス・ダグラス』卿以外の3人の遺体が発見され、収容されました。『エドワード・ウィンパー』と『タウクヴァルター』父子は、3日間連続で、犠牲者の捜索に参加したにもかかわらず、「自分...

続きを読む

マッターホルンで見た不思議な十字架(8)

1871年、『エドワード・ウィンパー』は、自分に対する批判に対する回答と弁明を兼ね、マッターホルンの体験記を、自分で挿絵を描いた「アルプス登攀記」を書きました。批判も多かったそうですが、大ベストセラーになったそうです。そして、『エドワード・ウィンパー』は、下山直後は、「『タウクヴァルター』父子に、責任はない。」と言っていたのが、時間がたつと次第に意見が変わり、「下山の詳細をあえて述べようとは思わな...

続きを読む

ヒマラヤ山脈(エベレスト)登山ー人と「風の鳥」(1)

1717年、清の『康熙帝』の命令を受けて、イエスズ会のフランス人『ジャン・バティスト・レジス』が、『皇與全覧図』と呼ばれる中国地図を作成した時、現在のエベレストの位置に、山の絵を描き、「朱母郎馬阿林」と表記しました。そして、その地図を、フランスのイエズス会に送ったそうです。そして、イエズス会は、地図製作者『ジャン・バティスト・ブルギニョン・ダンヴィル』に、正確な地図作製を依頼したそうです。そして、...

続きを読む

ヒマラヤ山脈(エベレスト)登山ー人と「風の鳥」(2)

エベレストは、冬は、-40℃の低温と、ジェット気流で、風速30ー40m/秒の強風が吹くので、登山は不可能に近いそうです。季節風(モンスーン)の夏の時期は、確かに、気温は上がるのですが、そうすると雪崩が起きやすい状況になる上、悪天候が続くので、登山には、向かないシーズンだそうです。その前の4月ー5月のプレ・モンスーンか、その後の9月ー10月のポスト・モンスーンに、登山するのが一般的だそうです。しかし、...

続きを読む

ヒマラヤ山脈(エベレスト)登山ー人と「風の鳥」(3)

人の体は、6500m位より高いところだと、消化吸収が悪くなり、体のエネルギーとして、脂肪より蛋白質が使われるので、筋肉が少なくなり、また、眠っていても、体力が落ちていくそうです。エベレストでは、酸素が薄いので、7000m当たりから、酸素ボンベが必要ですが、酸素ボンベが、約15時間しか持たないそうです。標高8000mを超えると、地上の3分の1程度しか空気がないので、空気を使って揚力を得る仕組みである...

続きを読む

エベレストで聞いた不思議な声(1)

『三浦雄一郎』さんは、長い間プロスキーヤーや登山家として活躍していましたが、60代で、いったん第一線を引退しました。その後、不摂生と暴飲暴食がたたり、身長164cmで、88kgと肥満になったそうです。そして、ついに心臓発作を起こし倒れたので、病院で検査を受けたところ、高脂血症で、血圧が190と高く、狭心症の上、腎臓も悪くなっていて、医者に、「このままだと、あと3年の命。」と宣告されたそうです。その...

続きを読む

エベレストで聞いた不思議な声(2)

『三浦豪太』さんは、医者ではありませんが、順天堂大学で、「高所登山家におけるヘムオキシゲナーゼ1の発現解析」という論文で、医学博士を取得した位なので、医学には詳しいそうです。そのため、『三浦豪太』さんは、『三浦雄一郎』さんが、心臓を悪くしてから、心拍数に乱れがないか、不整脈がないか、などを常にモニターして、一緒に登山し、万が一の対応にあたり、サポートしてきました。『三浦豪太』さんは、自分の血中酸素...

続きを読む

凍死する時(3)-八甲田

日本陸軍は、1894年の日清戦争で、冬季寒冷地での苦戦を強いられた経験を踏まえ、さらなる厳寒地での戦いとなる対ロシア戦に向けた軍事訓練を行う事になりました。1902年、1月、青森歩兵第5連隊は、『神成文吉』大尉をリーダーとして、青森市街から八甲田山の田代新湯を通り、三本木、八戸に向かう、雪中行軍の軍事訓練を行う事になりました。天候が荒れていたので、地元村民が行軍の中止を進言し、もし、どうしても行く...

続きを読む

凍死する時(4)-ディアトロフ峠

1959年、ソビエト共産主義の下、ウラル山脈にあるオトルテン山登頂を目指し、『イーゴリ・アレクセーエヴィチ・ディアトロフ』をリーダーとする、ウラル工科大学(旧 ウラル科学技術学校)の学生とOBの9人の超ベテラン登山者が、スキーでのトレッキングで、オトルテン山頂を目指しました。何故なら、オトルテン山登頂に成功すると、アスリートを育てるスポーツマスターの資格を、得る事が出来て、エリート街道を、進む事が出...

続きを読む

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ