言葉と文化-(9)

「全国和牛登録協会」やその会員の努力により、海外では、和牛と言えば、高級牛肉の代名詞として、評価を受けつつありました。しかし、日本で、2010年に口蹄疫、2011年に福島原発事故が発生して、和牛の輸出が困難になっている時、外交下手な日本とは違い、外交が上手いオーストラリアが、「オーストラリアWagyu」の売り込みに、ものすごく力を入れたので、外国の高級レストランなどで提供される肉の多くは、日本の和牛か...

言葉と文化-(8)

『デービッド・ブラックモア』さんは、1988年、米テキサスA&M大学の研究農場で、初めて出会った和牛に惚れ込み、何とかして、和牛を日本から直接仕入れたいと考え、1990年には、「オーストラリアWAGYU協会」を設立しました。しかし、日本の畜産業者はどこも、『デービッド・ブラックモア』さんに、和牛の受精卵などの遺伝子を、譲ってくれませんでした。そんな時、途方に暮れていた『デービッド・ブラックモア』さんは、救...

言葉と文化-(7)

外国人が、自分の考えで、日本の技術を勉強するため、国費や自腹で来たのなら良い事だし、観光地の事なら宣伝で良いのですが、わざわざ、素人ではなく、ノウハウが必要なその道の専門家の主に欧米人視察団に、日本のその道の専門家の技術を教えて、日本人が、名誉白人と呼ばれていた時期があるので、社交辞令も含めて、外国人(主に欧米人)に誉めて欲しいという、テレビ朝日の番組がありますが、技術の流出は、国益を損ない、日本...

言葉と文化-(6)

海苔と言えば、キャッチフレーズの「上から読んでも山本山。下から読んでも山本山」の『山本山』が有名ですが、『山本山』は、もともと茶を扱っていた企業で、茶も海苔も湿気に弱い製品であることから製品の湿度管理のノウハウを両者に応用できるので、戦後、海苔産業に参入したそうです。ちなみに、山本山の創業は1690年、初代の『山本嘉兵衛』が、京都府から上京し、日本橋で和紙やお茶、茶器類等を扱う「鍵屋」を開業したこ...

言葉と文化-(5)

1949年まで、海苔の胞子は海の中に浮遊し、海岸の岩場に付着して夏を過ごし、秋口に胞子を出すと思われていました。そのため、竹ひびや海苔網を海の中に建て込み、それに自然に海苔芽が付着して成長するのを待ち、手摘みをするのが一般的でした。 1949年、イギリスの藻類学者『Kathleen Mary Drew-Baker』さんは、貝殻に寄生する海藻を研究していました。そして、ある夏、カキの貝殻に寄生する糸状海藻の一種が、別種とし...

言葉と文化-(4)

日本で初めて、海苔が記録されたのが、大宝律令に海苔が税金として、徴収されたという事なので、大宝律令が施行されたのが、702年、2月6日なので、2月6日は、「海苔の日」だそうです。 日本人は、大昔から生海苔を食べていました。そのため、日本人の腸には、海草に含まれる多糖類を分解できる特有の細菌「Bacteroides plebeius」がいるそうです。「Bacteroides plebeius」は、大昔から生海苔を食べていた日本人の排泄物か...

言葉と文化-(3)

節分とは、季節を分ける事を言います。実は、1年には、節分は4つあります。春夏秋冬には、立春、立夏、立秋、立冬と、それぞれに始まりの日が決められています。その始まる前日を、節分と言います。日本の節分の豆撒きは、元々は中国から伝わって来た風習で、季節の変わり目には、邪気、鬼が生じると考えられていました。日本では、古来より、穀物には邪気を払う力があると考えられ、豆には魔滅という事で、魔物を滅するという意...

言葉と文化-(2)

「不二家」の創設者は、愛知県から16歳で横浜に出てきた『藤井林右衛門』です。最初、『藤井林右衛門』は、家具を中古品などを扱うリサイクルショップの奉公人をしていましたが、1910年、25歳の時、日本人の洋菓子職人と知り合い、横浜の洋菓子店「FUJIYA」を独立開業したそうです。「FUJIYA(不二家)」という名前は、「藤井」姓と、日本を代表する「富士山」にかけるとともに、「二つとない存在」という意味が、込められて...

言葉と文化-(1)

日本人にとって、英語は、難しく、英語の常識文化を知らないと、色々と勘違いが起きる様で、オーストラリアを含め14カ国を放浪しましたが、よく指摘を受けたり、英語の使い方を、間違ったりしました。例えば、アメリカで、レストランに入ろうとして、情報を調べて、次の文章を読むと、This is a restaurant famous for neapolitan.日本人なら、「ここのレストランで、有名なのは、イタリア料理ナポリタン。」という意味と考え、...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(13)

ちなみに、公務員獣医師が不足していると言いましたが、公務員獣医師の仕事内容は、全てが、獣医師が必要というわけではありません。例えば、食堂、バーなどの飲食店の構造、例えば、面積やドアの付け方などが、図面の通りか、店内の照度が基準以上か、あるいは、衛生管理を調査し、良ければ、営業許可を行う。他にも、食品表示の監視指導、異物混入などの苦情処理。他にも、医師の保険所長が、食中毒の原因を決めるのを手助けをす...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(12)

2017年、世界の人口は、約74億人で、日本人の人口は、約1億2千万人で、日本の獣医師数は、約3万9千人で、小動物臨床獣医師数は、約1万5千人だそうです。世界動物保健機構のデータによると、日本の獣医師数は、上から8番目で、世界各国の中でもかなりの規模を、維持しているそうです。犬猫の飼育頭数は、高度成長期のペットブームにより、2008年の2,399万頭まで増え続け、小動物臨床獣医界は、発展を続けまし...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(11)

自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員の知人が、三井住友銀行からSMBC日興証券に出向していた時、金融業者にインサイダー情報を提供していたそうです。そのため、証券取引等監視委員会による、強制調査が行われました。すると、衆院予算委員会の分科会で、自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員が、証券取引等監視委員の調査が長期化していることなどを理由に、「大問題だ。」と言いました。そして、自由民主党所属の『山本幸...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(10)

自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員が、「ペット獣医を増やせば診療料金が下がり、不足しがちな公務員獣医が増える。」と言うように、獣医師の全体の数が増えることによって、動物病院の獣医師の給与が下がるのであれば、公務員獣医師の給与は下がらないのか?本来、公務員の給与は、民間の同種類の労働者の給与に準拠するので、動物病院の獣医師の給与水準が高く、公務員獣医師の給与水準が低いと言うなら、その事、自体が問...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(9)

自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員が、滋賀県で開かれた地方創生に関するセミナーで、「日本では、いったん国の重要文化財に指定されると、文化学芸員が邪魔をして、火も水も使えない。以前、私が、文化学芸員に、二条城で、大政奉還の時のパフォーマンスや花を活けたり、お茶をやって、当時の生活を見せるという事を提案したら、(超エリートの私に対して、)そんなものはいりませんよ、そんなことをやったら大変なことにな...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(8)

自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員は、イベントで同席した女優『杉本彩』の妖艶さに魅せられ、彼女が主宰するダンス教室に、週1回程度通うようになりました。そして、『杉本彩』が、永年動物愛護活動に熱心に取り組んでいる事を知ると、自由民主党所属の『山本幸三』衆議院議員は、突然、「私の大きな課題の一つは、動物愛護管理法の改正作業です。その契機となったのは、『杉本彩』さんの切々たる訴えに、大きく心を動かさ...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(7)

自由民主党所属の『山本幸三』元地方創生大臣が、「年収5千万円以上の犬猫診療施設が、3割を超えているとする日本獣医師会の2015年の調査結果から、ペットの獣医師の収入が高すぎるために、公務員獣医師になろうという人が少ない。だから、獣医師の数をもっと増やすことによって、ペットの獣医師の相対的収入を減らせば、公務員獣医師になる人が増え、公務員獣医師の不足が解消する。」と的外れな事を言いました。日本獣医師...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(6)

獣医学部の新設認可は、獣医師の需給関係に直接影響を与えます。現在、日本の獣医師は、約4万人だそうです。一般社会では、獣医師の就職先イコール動物病院だと思います。実際、その多くが、動物病院に就職していますが、獣医師の就職先の内訳は、小動物臨床が4割、牛・ブタ・馬などの産業動物臨床が、1割5分、検疫や伝染病などに対応する公務員が、2割5分、その他が、1割、獣医師を辞めた人が、1割だそうです。現在、犬、...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(5)

学や学部、大学院の設置などは、認可をすれば、その後に、私学助成金等で、公的資金を投入することになり、国に財政上の負担を生じさせます。しかも、獣医学部のような国家資格の取得に関わる学部の設置は、将来の資格取得者や就業者の増加に直結し、資格を取得しても職に就くことができない人を、大量に発生すれば社会問題になります。実際、法科大学院定員割れ問題と言うのがあります。法科大学院の設置は制限していたのですが、...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(4)

『安倍晋三』首相は「獣医師界の強い要望で獣医学部を新たに、募集人数は、他の学校より多く入学させ、獣医師を増やす。」と言いながら、『菅義偉』官房長官は、「52年間、獣医学部が設置されなかった。日本獣医師会、農林水産省、文部科学省は、獣医大学をつくる事に対する抵抗勢力だ。」とビックリする事に、政治家で自民党なのに、自民党党首の『安倍晋三』首相の言う事が、理解出来ていないようで、反対の事を言っています。...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(3)

2015年の獣医大学の世界ランキングは、当然、1位2位は、アメリカ、そして3位イギリス、それ以下は欧米の大学が続き、やっと、41位にアジア圏の韓国が、出てきますが、肝心の日本は、ランク圏外の50位以下だそうです。欧米並みに教育を受けるには、学生40人に対して、最低要数とされている70人ですが、日本の獣医大学は、当然、それ以下となっています。実際に、欧米では、1つの大学で、獣医学の専任教員が、100...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(2)

『安倍晋三』首相は、「腹心の友」の『加計孝太郎』氏が、理事長を務める「加計学園」による獣医学部新設問題で、「日本獣医師会の強い要望で、獣医学部を作ることを認め、それが、たまたま加計学園の獣医学部新設という話になった。」と言っています。しかし、肝心の日本獣医師会は、以前、「日本の教育環境が、欧米に比べ、劣っているので、大学を統合して、それぞれの教員や施設を集め、獣医学教育体制の整備・充実したい。」と...

10月13日は獣医さんの日-大丈夫か?日本の政治家(1)

10月13日は、日本国内の記念日の認定と登録を行っている「一般社団法人日本記念日協会」によると、語呂合わせで、「じゅう(10)い(1)さん(3)」の日だそうです。最近、日本は、飼い犬や猫も牛や馬も減少傾向だそうです。実際、2006年に動物愛護法が改正され、全ての動物取扱業が登録制になり、2013年の改正により、ブリーダーの責任や義務が強化され、手続きが、煩雑化されました。その結果、「ジャパン・ケネ...